J-HANAYOME NET

カヤ・ダシキ

153-753CP

  • 現物あり

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

目の醒めるようなカラーリングに細やかな模様が特徴のアフリカの民族衣装からインスピレーションを受け、打掛へとデザイン。色を大切にする風土は、それぞれのカラーに意味を持ちます。黄色は富を、紫色は高貴さ、ピンクは優しさ、緑色は成長を、茶色は大地を。衣裳一面に流れるようなデザインとともに願いを込めたカラーリングをあしらいました。すっきりと、あえてモチーフの無い柄行はスマートなスタイルを叶え、スタイリッシュな着姿と言えばモノトーンカラーを合わせることが多い中、あえて様々なカラーを用いて新しい打掛スタイルの完成です。

[ 組織、技法 ]

目の醒めるようなカラーリングに細やかな模様が特徴のアフリカの民族衣装からインスピレーションを受け、打掛へとデザイン。色を大切にする風土は、それぞれのカラーに意味を持ちます。黄色は富を、紫色は高貴さ、ピンクは優しさ、緑色は成長を、茶色は大地を。衣裳一面に流れるようなデザインとともに願いを込めたカラーリングをあしらいました。すっきりと、あえてモチーフの無い柄行はスマートなスタイルを叶え、スタイリッシュな着姿と言えばモノトーンカラーを合わせることが多い中、あえて様々なカラーを用いて新しい打掛スタイルの完成です。

[ 文様の意味 ]

黄色-富 紫色-高貴さ 緑色-成長 茶色-大地 ピンク‐優しさ

[ その他 ]

アフリカでは色を大切にし、意味や願いを込めている。あえてモチーフのない柄行にすることで色の持つ意味合いを強めた。色を用いつつスタイリッシュな着姿で花嫁様の個性を高める衣裳を目指した。