J-HANAYOME NET

翔鶴御所車文(ショウカクゴショグルマモン)

110-530C

  • 現物なし

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

鶴は千年生きる瑞鳥といわれ、長寿の象徴とされています。また一品鳥ともよばれ、子供の立派な成長を願って、一品の位(次に天皇になる人)にのぼるほどに栄達を極めて欲しいという意味が込められています。御所車は平安時代に貴族たちが儀式だけに用いた牛車をいい。秋草は菊、萩、撫子、おみなえし、桔梗など、「古今和歌集」や「万葉集」に詠まれていて、古代より人々に愛されてきました。これらは王朝のイメージを代表するもので宮中へのあこがれをあらわす吉祥文様です。唐織の色とりどりの太い正絹糸が華やかでボリュームある質感が印象的な、どこか懐かしい、安心感のある古典柄です。

[ 組織、技法 ]

鶴は千年生きる瑞鳥といわれ、長寿の象徴とされています。また一品鳥ともよばれ、子供の立派な成長を願って、一品の位(次に天皇になる人)にのぼるほどに栄達を極めて欲しいという意味が込められています。御所車は平安時代に貴族たちが儀式だけに用いた牛車をいい。秋草は菊、萩、撫子、おみなえし、桔梗など、「古今和歌集」や「万葉集」に詠まれていて、古代より人々に愛されてきました。これらは王朝のイメージを代表するもので宮中へのあこがれをあらわす吉祥文様です。唐織の色とりどりの太い正絹糸が華やかでボリュームある質感が印象的な、どこか懐かしい、安心感のある古典柄です。

[ 文様の意味 ]

鶴は千年生きる瑞鳥といわれ、長寿の象徴とされた。また一品鳥ともよばれ、子供の立派な成長を願って、一品の位(次に天皇になる人)にのぼるほどに栄達 を極めて欲しいという意味が込められている。御所車は平安時代に貴族たちが儀式だけに用いた牛車をいう。秋草は菊、萩、撫子、おみなえし、桔梗など、「古今和歌集」や「万葉集」に詠まれており、古代より人々に愛されてきた。これらは王朝のイメージを代表するもので宮中へのあこがれをあらわし、そのものが吉祥とされた。

[ その他 ]

●コンセプト 昭和50年代の織有色打掛が全盛のころ代表する古典柄。唐織の色とりどりの太い正絹糸が華やかで、またボリュームある質感が印象的な、どこか懐かしい、安心感のある古典柄。